TOP 海洋少年団とは 連盟概要

主な行事

全国大会 国際交流 美ら海体験教室 絵画「我ら海の子展」NEW 褒状山縣賞 機関紙「海っ子」NEW エコアクション
入団案内 賛助会員 新団結成の手引き 各申請書類 お問い合わせ リンク

平成26年度褒状山縣賞

平成26年度褒状山縣賞授与事業実施計画

1事業名
平成26年度一般財団法人山縣記念財団助成事業「褒状山縣賞授与事業」

2目的
青少年を取り巻く社会環境が厳しさを増すなかにあって、青少年育成団体である海洋少年団は、これまで以上に、組織の拡充強化を図り、地域社会に密着した活動を展開し、社会の期待にこたえる必要があります。また、海洋基本法の制定を契機に国民とりわけ青少年の海洋に対する関心を高めることが求められており、海洋少年団に対する社会的期待が一段と高まっています。
このため、特に優秀な団員又は卒団後も引き続海洋少年員の指導等に当たっている若手指導者への褒状山縣賞の授与及び海事教室、海洋環境教室等の開催により、海運、海運船舶、海洋環境保全等の知識更なる向上とモチベーション昂揚を図り、引き続き海洋少年団の指導者として後輩達育成に当たる人材を確保し、これらの活動を通じて、全国の少年女達へ海事思想の普及に大きく寄与するとともに、海洋少年団運動の更なる活力向上を図り、もって、貴財団助成目的を達することとします。

3「褒状山縣賞」授与事業
(1)事業概要
イ趣旨
海洋少年団に入後、少年団活動を9年間以上にわたり継続して高等級3で卒団し、日本海洋少年団連盟会長から表彰された団員のなかから、特に成績優秀な団員に「褒状山縣賞」を授与することにより、その功績を顕彰するとともに、栄誉を讃えることといたします。

ロ開催地
東京

ハ主催
公益社団法人日本海洋少年団連盟

ニ日程
2泊3日(3月中・下旬を予定。)

【第1日】
(イ)オリエンティーション
(ロ)褒状山縣賞表彰式
(ハ)公益社団法人日本海洋少年団連盟会長訪問
(ニ)一般財団法人山縣記念財団表敬訪問
(ホ)夕食会(会費制)

【第2日】
(イ)海洋少年団関係研修(海運、船舶、海洋環境保全等)
(ロ)海事博物館等見学
(ハ)夕食会(会費制)

【第3日】
(イ)都内見学
(ロ)解散

ホ対象人数
約15名

日本海洋少年団各地区連盟会長の推薦を受け、日本連盟が授与の決定をした団員等。
(2)募集
褒状山縣賞授賞者の募集は、10月以降に各団等に通知する。
なお、応募者が多数の場合は、選考会にて授賞者決定する。
ページTOP