TOP 海洋少年団とは 連盟概要

主な行事

全国大会 国際交流 美ら海体験教室 絵画「我ら海の子展」NEW 褒状山縣賞 機関紙「海っ子」NEW エコアクション
入団案内 賛助会員 新団結成の手引き 各申請書類 お問い合わせ リンク
新団結成の手引き

新団1

海洋少年団    新団結成の手引き



公益社団法人
日本海洋少年団連盟


新団結成の過程 

1 設立準備世話人会               

親しい知人や親戚又はその知り合いなど2人から3人で○○海洋少年団設立準備世話人会をスタートさせます。
世話人会は、新団設立のための環境調査や設立発起人の候補者を探します。              

2 設立発起人会                                   

海洋少年団の活動場所、施設、協力者等に目途が立てば、新団結成に賛同してくださる地元有力者等数名に○○海洋少年団設立発起人を依頼します。

発起人会は、行政や自治体、関係者等に支援依頼を行うなど○○海洋少年団設立のための公式な活動を行います。 

3 設立準備委員会                                

行政機関等の地域の関係者の賛同がえられれば団長、副団長等の役員候補者、指導者などで構成する設立準備委員会を設けます。

設立準備委員会は、「日本海洋少年団連盟指導要領」に従い○○海洋少年団の活動方針(案)、団規則(案)等を作成し、団員の募集、結団式典の企画等、新団結成のために必要な準備をします。 

4 ○○海洋少年団の結成                          

設立準備委員会メンバーなどによる初めての総会により、正式に○○海洋少年団が結成されます。総会に引き続いて結団式典を開催し、地域の関係者の皆さんに○○海洋少年団の発足をお披露目します。 

5 運営委員会・父母会                             

運営委員会は、団活動の基本方針、運営管理等の重要課題を検討します。父母会は、親の立場から団活動に意見を述べたり支援を行います。

+                +               +             +                 +                  +                +              +
新団2

新団3

1 設立準備世話人会

海洋少年団を創設するためには、地域の多くの関係者に海洋少年団運動への協力と支援をしていただく必要があります。そのためには、それらの方々に誠実、親切、規律などを重んじた海洋少年団運動の意義を説得してくださる方が不可欠です。
 まずは、親しい知人や親戚又はその知り合いなど2人から3人で○○海洋少年団設立準備世話人会をスタートさせて下さい。
 設立準備世話人会のメンバーは、海洋少年団運動の指導理念を十分に理解したうえで、団活動を行うのに適した場所や施設の事前調査するとともに指導者になっていただけそうな方々に目星をつけなければなりません。
 活動を行う場所は、港や海岸に近くて海や水辺に親しみやすく、ボートやカヌーを楽しむ海面や水面を安全に利用できることが望まれます。
 施設面では、児童館、公民館、学校等の公共の施設の利用について関係者に協力を頂けるようにお願いをします。
 指導者は、学校・大学の先生や学生、海上保安部や船会社、マリンレジャー施設等の関係者又はそのOBが候補者として有望です。特に学校・大学の先生や学生を指導者に迎えることが出来れば団活動のために大きな意義があります。
 このように、設立準備世話人は、○○海洋少年団設立のための舞台作りの裏方ですが、極めて大切な役割です。
 また、設立準備世話人会がスタートした出来るだけ早い時期に日本海洋少年団連盟に連絡をとって下さい。日本海洋少年団連盟は、近隣の海洋少年団の紹介、パンフレット等説明資料の送付などのお手伝いを致します。
 関係先への趣旨説明に必要な資料については、次項の2「設立発起人」の設立趣意書等(別添1及び別添2)を参考にして下さい。 

2 設立発起人

海洋少年団の活動場所、施設、指導者等に目途が立てば、可能であれば、市区町長等の地域行政の長、学校・大学等の教育機関の長、漁業協同組合等の関係団体の長など新団結成に賛同してくださる地元のいわゆる有力者数名に○○海洋少年団設立発起人を依頼します。 
 海洋少年団は、内閣府の監督を受ける公益社団法人日本海洋少年団連盟の会員(社員)となりますし、各市町村の社会教育団体担当の行政窓口から指導助言を受ける社会教育団体になります。入団してくる団員ばかりでなく地域の少年少女に対して、健全育成と海洋・海事思想の普及について責任を持つ団体になるので、基盤のしっかりした組織を作らければなりません。また「海に親しむ海洋少年団運動を通じて、地域に貢献し、国際性が豊かで、各分野でリーダーとして活躍できる人材を育成します。」という日本海洋少年団のミッションを果すための指導体制をもたなければなりません。
 発起人会は、海上保安部等の行政機関や自治体、教育機関、関係団体、地元の篤志家等の関係者に設立趣旨の説明を行い支援を依頼するとともにその賛同を得ることなど○○海洋少年団設立の目的を達成するための公式な活動を行います。
 参考のために、東京都の港区海洋少年団の設立に際して、お願い先での説明資料として使用した設立発起人の設立趣意書「港区海洋少年団(仮称)の設立について」及び海洋少年団の概要を説明した資料「海洋少年団について」を添付します。(別添1及び別添2参照) 

3 設立準備委員会

設立発起人の働きかけにより地域全体の理解と支援が得られることになれば、いよいよ○○海洋少年団の結成のための具体的な準備に入ります。そのために設立準備世話人、設立発起人、指導者候補者等で○○海洋少年団設立準備委員会を立ち上げます。 
 設立準備委員会では、○○海洋少年団の組織構成、活動方針、団役員、結成式典、団規則等に付いて検討し、○○海洋少年団設立のための準備を進めます。

(1) 組織構成

海洋少年団の組織は、団の基盤を確立し円滑な団運営を図るため団長、副団長、事務局長、指導者及び団員で構成されます。父母会、運営委員会、育成会(賛助会)等が加わるケースもあります。

(2) 活動方針

日本海洋少年団連盟指導要領の内容を検討し、地域の特性、指導者候補者の特技や経験等を生かした項目を選び活動方針を定めます。

********    活動方針の例      *******       *******           ***** **      ******       
① フィールドワークとしてカヌー、ゴムボート、(パドルボード、ウインドサーフィン)を主として行う。
② 教育活動として、児童館において、海洋大学学生から海洋教育を行う。この海洋教育とともに、団員の自習(宿題その他)を併せて行うこととし、海洋大学生がその自主勉強の支援を行う。
③ 手旗、ロープワークも行うが従たる位置付けとする。
④ 巡視船の体験等
〔活動日〕 日曜日(月2回を標準とする。)
〔活動場所〕 屋外― 芝浦アイランド周辺運河、お台場海浜公園
          屋内― 児童会館(お台場、芝浦、港南等、港区全7個所)
*******               ******             ******               ********                ******

(3)  団役員
 海洋少年団には団長、副団長、事務局長、指導者等の役員が必要です。

A 団長
 地域の父母等から信頼されている人望があり顔の広い人が適任です。
 団長は、港区海洋少年団の代表として日本海洋少年団連盟総会に出席し、意見を述べることができ議決権を持ちます。日本における海洋少年団運動の中枢に関与するとともに日本海洋少年団連盟の事業や方針に対しても意見を述べる立場になります。

B 副団長 
 団長を補佐する立場にありますが、団の運営、渉外及び指導について団長から委任された事項の報告を行い、団全体の問題点の検討と解決に努めるための責任者です。団員の育成に必要な活動方針を定め、指導者の理解と協力のもと団の勢力の拡張と団の活動内容の充実に当たります。
 団の規模によっては、複数の副団長を選任して役割を分担することもあります。

C事務局長
 事務局長は、団長や副団長が実施していることの事務処理を行います。
 文書の取り扱い、会計事務、資料作成、制服等物品保管や配布についてのまとめ役です。
 事務局は、昼間でも連絡できることが望ましく、事務所を探す時には青少年育成を担当する行政窓口と相談して協力を仰いでください。

D 指導者
 指導者の基準は、高等学校卒業程度の学力を有する満20才以上の者で海洋少年団運動に理解と熱意を有し、少年少女の人格を尊重し、団体訓練を指導する能力のある責任感旺盛な者となっています。団体訓練を指導する能力は、日本海洋少年団連盟及び地区連盟の主催する研修会で習得することになります。
 指導者は、日本海洋少年団連盟指導者資格審査に合格しなければならず、合格すれば日本海洋少年団連盟から指導者資格認定書と指導者登録証が交付されます。 

4 海洋少年団の結成

 設立準備委員会は、組織が固まり、それぞれの役員候補が定まれば、引き続いて、団名の選定、団員の募集と編成、結団式等に関して○○海洋少年団結成のための検討と準備を進めます。

(1) 団名
 海洋少年団は、学校又は市区町村の行政区域を範囲として組織されることが原則ですので、団名は、その地域名が選ばれることが多いようです。地域名を付けることにより行政や地域住民、企業等の協力や支援を受け易いとの見方もあります。
 ただし、既に同じ団名が使用されている可能性もありますので、団名を正式に決定する前に念のため日本海洋少年団連盟に照会して下さい。

(2) 団員の募集と編成
 設立趣意書やポスターの配布、マスコミや町内会誌等への広報資料の提供を行い○○海洋少年団団員の募集の開始と応募方法を世間にお知らせします。同時に設立準備委員会メンバーの人脈を活用して、広く個人や団体に○○海洋少年団への入団の勧誘を行います。この際に大学・学校・PTAに影響力のある関係者は大きな力となり得ます
 幼稚園から高校生までを団員募集の対象としますが、団員の数や編成は、特に団員が何人以上いなければ新団を結成できないと言うことではありません。少人数の団員でスタートして大きく育った団もあります。
 多数の応募があるときは、訓練に出席できる指導員の数により入団できる員数が制限されることに留意しなければなりません。
 一般的には1名の指導者に小学生4年生の団員20名程度が上限とされていますが、団員に幼稚園児や小学低学年生が多ければ、指導員はこれよりも多く必要ですし、団員が小学5年生以上になれば班長として下級生団員の面倒を見ることが出来るようになりますので指導者を少し減ずることが出来ます。
 日本海洋少年団連盟への加盟は、団員募集が終わった時点で日本海洋少年団連盟会長宛に1号正会員として「正会員入会申込書」を提出して下さい。その際には加盟料及び年会費の各1万円が必要です。入会の承認と共に日本海洋少年団連盟から団旗と団長章が交付され、団員の制服等を注文することが出来るようになります。
正会員入会申込書の様式は別添4のとおりです。

(3) 結団式
 結団式は、地域の中に○○海洋少年団という社会教育団体が誕生したことを地域全般にお披露目し、全国の海洋少年団の仲間入りをして共に活動することを示すためのセレモニーです。
 結団式までには団員も指導者も基本動作と礼式を身につけて○○海洋少年団として恥ずかしくない集団をつくっておかなければなりません。
 結団式には、地元の国会議員、市長・町長など地域の行政の長、教育長、海上保安部長、運輸局事務所の長、警察署長、漁業協同組合長、海事関係団体の長、地域の住民代表、父母等を来賓としてお招きします。
 また、結団式には○○海洋少年団が加盟する地区連盟会長、県連盟会長及び県連盟所属の各海洋少年団の団長・指導者・団員の参加を要請することも必要です。
 結団式終了後、市中パレードや巡視船の体験航海、アトラクション等を行うことは、団員の仲間意識を養うとともに広報面においても有意義です。
 結団式の要領は定まった形式はありませんが、一般的な式次第は別添5「結団式式次第(例)」をご参照下さい。 

5 運営委員会・父母会

○○海洋少年団の結成準備に並行して運営委員会及び父母会の設立を検討する必要があります。

(1) 運営委員会
 運営面を担当する副団長が中心になり、他の副団長、事務局長、父母会長、後援会長などで組織されます。団活動の基本方針、団運営管理の重要問題などを審議し、議決事項は、団長に報告します。

(2) 父母会
 子供を預けた親の立場で団活動に意見を述べ支援を行う組織です。また団からは、年間訓練計画や各種行事について説明し相談をすることがあります。

新団4

新団5

別添1                                                                                   

港区海洋少年団(仮称)の設立について 

設立発起人       榎本 茂  成尾 将誌
                           城野 功  種 章裕

 1 設立の趣旨

 海洋少年団運動は、少年少女に対して海洋に親しむ機会を与え、海洋・海事思想の普及、科学知識や技術の付与、国際交流などの活動を行うことにより、海洋国家日本の人材の育成に寄与することを目的としています。
 また、海洋少年団のミッションは、「海に親しむ海洋少年団運動を通じて、地域に貢献し、国際性が豊かで、各分野でリーダーとして活躍できる人材を育成します。」と定められています。
 港区は、海に親しむ海洋少年団運動を展開するための静かな海面や運河の水辺が多く、また、お台場海浜公園には砂浜、磯などの海辺も整えられ、本来、都心には望み得ない海に親しむための環境に恵まれています。加えて海洋少年団運動のための活動スペース、施設も十分に整備されています。
 この地に新しく「港区海洋少年団(仮称。以下同じ。)」を設立し、港区の水辺、海辺を舞台として、地域の子供たちに幼い時から海に親しませ、団体生活や国際交流活動を体験させ、心身ともに健康でたくましく、港区を愛する人間に育てることは大変に大きな意義があります。
 港区海洋少年団の経験者が、将来、港区の発展を支えるリーダーとしての人材に成長することを願うことも夢ではありません。
 都心にありながら他に類を見ない港区の環境を活用し、国、自治体、関係団体、地域住民等と連携協力のもと四季を通じて海洋少年団運動を展開することは、子供達の健やかな成長とともに地域の更なる活性化、発展に寄与するものと考えられます。

2 活動方針
 港区海洋少年団は、「海のような広い心で団結し、すべての人を友とします。」「からだをきたえ心をやしない、りっぱな海の子になります」という2つの「ちかい」を子供たちの活動の基本理念とします。また、楽しいことが大好きな子供たちが興味と好奇心を満たし、年齢の段階に応じて更に積極的、自発的な行動を起こす力を備えられるような方針のもとにプログラムを推進します。 

3 活動の概要
 原則的に小学生から高校生までを対象とし、日常的には、お台場海浜公園と入江の海面で実施可能なヨット、カヌー、シーカャック、パドルボード、ロープワーク、ウインドサーフィン、ビーチスポーツ、サバイバル訓練、防災訓練、手旗、環境美化等の野外活動を主体とします。専門家による視聴覚教室などをも開催します。 

 また、客船、巡視船、海上自衛艦等の体験航海、海外海洋少年団への派遣や受け入れによる国際交流、海洋少年団東京都地域連盟大会や日本海洋少年団全国大会への参加等も計画します。

4 設立発起人
 港区海洋少年団は、文部科学大臣と国土交通大臣の監督を受ける社団法人日本海洋少年団連盟の会員となり、港区役所等の社会教育団体担当窓口から指導助言を受ける社会教育団体になります。港区海洋少年団は、団員をはじめ海洋少年団運動に参加する子供たちに対して、健全育成や海洋・海事思想の普及等に責任を持つ団体です。
 設立発起人は、港区海洋少年団がこの使命を果たせるように足もとを固め、地域の要請に応じられる基盤のしっかりした組織作りを行い、それにふさわしい指導体制を準備しなければなりません。

5 港区海洋少年団設立準備委員会の編成
 設立発起人と選任依頼した指導者による設立準備会を編成し、まず、団長をはじめ役員の依頼をするとともに地域にあった活動内容、運営資金の確保方法等を決める必要があります。
 港区海洋少年団設立準備委員会は、これらの受け入れの態勢の準備が整い次第、団員の募集を開始しますが、団員が集まり正式に港区海洋少年団が発足するまで活動を続けます。

6 事務局
 当面、港区海洋少年団設立準備委員会が編成されるまでの間、事務局は、日本海洋少年団連盟に置きます。

   〈社団法人日本海洋少年団連盟〉
    住所 〒104-0043  東京都中央区湊2-12-6  湊SYビル
    電話 03-3553-1818
          FAX 03-3555-9385

 

別添2

                                                 

          海洋少年団について
                        公益社団法人
                        日本海洋少年団連盟

1 歴史
 太平洋戦争敗戦後の混乱と荒廃の環境の中において、海を教育の場として我が国の少年少女を健全に育成することを目的とし、初代海上保安庁長官ほか商船大学学長などの提唱により、海運、水産、海事教育機関の関係者の賛同を得て、昭和26年に「日本海洋少年団連盟」として発足し、昭和28年文部・運輸両大臣により社団法人の設立が認可されました。平成25年4月に公益社団法人に移行し現在に至っております。

2 組織
名誉総裁 高円宮憲仁親王妃久子殿下
会  長 草刈 隆郎(日本郵船(株)相談役)
副 会 長 岩崎 貞二(元海上保安庁長官)
  〃   林  正次 (日本海洋少年団中部地区連盟副会長)
 〃   権藤 正信(日本海洋少年団九州北部地区連盟会長)
理 事 長 野一色 修平(前東京ガス(株)常任顧問)
理    事  20名 、 監    事   2名
 各海洋少年団は北海道から沖縄までの全国にわたっており、その活動を組織化するため全国12地区に地区連盟、23の府県に県連盟を置いております。

3 団及び団員
 平成25年4月1日現在における団数は86団。幼稚園児から高等学校3年までの少年少女、その他団長、指導者等を含め現在の団会員数は約3,200名であります。

4 日常活動
 各団はボランティアの団長及び指導者によって「しつけ」を重視した活動を月間2回以上、土曜日や休日を利用して行っており、活動項目はカッタ-の漕法と帆走、カヌー、水泳、手旗、ロープワーク、キャンプ、海上保安庁巡視船などによる体験航海のほか、海浜清掃などの環境保全活動、街頭募金などの奉仕活動等を行っております。 

5 全国大会等
 日本連盟名誉総裁高円宮妃殿下のご臨席を賜り、2年に1度全国大会を開催し、日頃の訓練成果と全国の団員間の友情及び地域住民との交流を図っており、「海っ子の祭典」として定着しております。
 平成25年には、8月2日(金)~4日(日)の間、都内のオリンピック記念青少年総合センターと東京海洋大学で第51回日本海洋少年団全国大会を開催しました。
なお、全国大会のない年には地区(県)大会を開催しております。

6 我ら海の子展
 子ども達に海への憧れとロマンを育み、また想像力を発揮させることを目的として、毎年全国の小学生団員及び一般の幼児、小学生から海をテーマとした児童画を募集し、優秀な作品を表彰(最優秀作品には国土交通大臣賞)し、一般に公開展示しております。

7 国際交流
 カナダ、香港、韓国・英国等の海外海洋少年団とそれぞれ国際交流を実施し、相互理解を深めるとともに、友好親善に大きな役割を果たしております。
また、平成6年の国際海洋少年団協会(ISCA)の設立に伴い、弊連盟もこれに加入するとともに、平成23年には我が国で2回目となる第17回年次総会を名古屋で開催いたしました。年次総会には毎年、日本代表団を派遣し、青少年の国際交流のさらなる進展を図っています。

   ***日本海洋少年団のミッション***

海に親しむ海洋少年団運動を通じて、地域に貢献し、国際性が豊かで、   各分野でリーダーとして活躍できる人材を育成します。


別添3

 

様式第1号(第4条第1項第1号関係)

正会員申込書 

公益社団法人日本海洋少年団連盟の目的に賛同し、定款第5条

第1項に規定する正会員となることを申し込みます。 

□1号正会員

□2号正会員 

           年 月 日

住所及び氏名

代表者の氏名                 印

電話               FAX

担当者
     所属(部課名)

     e-mail 

公益社団法人 日本海洋少年団連盟会長 殿

 注 用紙サイズは、A4版縦又は郵便はがき縦版とする。

  該当する会員種別の□にチェックを入れて下さい。
 

 
別添4

結団式式次第(例) 

一 開式の辞 (指導者)

一 国家斉唱

一 ○○海洋少年団設立の趣旨と経緯の説明 (副団長)

一 団旗及び団長章授与 (地区連盟会長又は会長代理)

一 団長挨拶

一 団会員証授与または戴帽式 (団長)

一 来賓祝辞 (3名以内、他は来賓紹介)

一 歓迎のことば (県連盟会長又は隣接団団長)

一 団員代表宣誓 (団長に対して海洋少年団の「ちかい」と入団の決意を述べる)

一 連盟歌合唱 (「みどりの広場」2番まで)

一 閉会の辞 (指導者) 

                            以上

お問い合わせ先
編集発行  公益社団法人 日本海洋少年団連盟
       電話 03-3553-1818 FAX  03-3553-9385
 住所  〒104-0043 東京都中央区湊2-12-6 湊SYビル  


ページTOP