TOP 海洋少年団とは 連盟概要

主な行事

全国大会NEW 国際交流 美ら海体験教室 絵画「我ら海の子展」 褒状山縣賞 機関紙「海っ子」NEW エコアクション
入団案内 賛助会員 新団結成の手引き 各申請書類 お問い合わせ リンク

お知らせ

2015年02月27日 【お知らせ】

第9回活性化協議会を開催しました。

海洋少年団活性化に向けて第9回活性化協議会を開催しました。
                                                                        ~海洋少年団強化・活性化計画の推進~
                                                                                   ―会員1万人回帰運動―

 2月26日(木)、都内の海運ビルにおいて第9回海洋少年団活性化協議会を開催しました。

1 まず、海洋少年団強化活性化の進捗状況についての報告がありました。

(1)海事振興連盟関係
   平成27年1月19日、衛藤征士郞海事振興連盟会長に対し、22名の会員(国会  
        議員)の対応状況及び昨年11月29日に高知に新団が設立されたことを報告し
  た。
   衛藤会長が各会員に再度協力を依頼するので、その後、日本海洋少年団連 
  盟岩崎副会長が各先生に面会してお願いをすることになった。

(2)強化活性化地区プロジェクトチーム関係
   日本海洋少年団連盟の12地区連盟において海洋少年団地区連盟、国土交 
  通省運輸局、海上保安庁管区海上保安本部、県教育委員会等によるチームが
  ほぼ構成済となった。

(3)日本連盟関係
   日本船主協会・日本海事センターで勤務している園田裕一氏が日本連盟の
  アドバイザーに就任し、日本連盟の体制が強化された。 

(4)マスコットキャラクター関係

  イ 平成27年1月30日締切り 応募総数 833点

  ロ 平成27年2月12日第1次選定委員会 100点を選考

  ハ 平成27年2月25日第2次選定委員会 30点を選考

  ニ 平成27年3月17日最終選定委員会 最優秀1点、優秀2点を選考

 

(5)海フェスタくまもと関係
   牛深海洋少年団がイベントに参加、ブースの出展等を検討中

 (6) 協議会メンバーの活性化推進策では、①国土交通省から、今年は「海フェスタ」が節目の第20回となるので体験航海等も行いたい、②海洋レジャー安全・振興協会は、3月中旬のジャパンインターナショナルボートショウでのステージイベントの参加に協力する、③海上保安庁は、緊急通報番号118番の啓蒙活動で各地の海洋少年団に協力・参加してもらう、④航海訓練所は、帆船等の各地寄港時に海洋少年団に体験乗船を案内する。高知市には坂本龍馬生誕180周年記念行事のために寄港するので、高知海洋少年団と連絡調整中である。 

2 次回の活性化協議会の開催は、年度替わりの状況を見て、4月中頃に開催することを決定し、閉会しました。 

 今後とも、心身ともに健全な青少年育成の構築、海洋思想の普及等を図り、将来、海洋国家日本を支える人材を育成するため、団員の数を「2020年の東京オリンピック・パラリンピックまでに1万人に復活させる」ことを目標に、海事局(及び運輸局)、海上保安庁(及び海上保安本部等)並びに関係団体と協力・連携していくこととしております。

                        (日本海洋少年団連盟)
ページTOP