TOP 海洋少年団とは 連盟概要

主な行事

全国大会 国際交流 美ら海体験教室 絵画「我ら海の子展」NEW 褒状山縣賞 機関紙「海っ子」NEW エコアクション
入団案内 賛助会員 新団結成の手引き 各申請書類 お問い合わせ リンク

お知らせ

2014年07月28日 【お知らせ】

大分県佐伯市に新団「佐伯海洋少年団」結成

佐伯団結団式1s720日、大分県佐伯市に新団「佐伯海洋少年団」が結成された。
佐伯海洋少年団は、地元企業である佐伯重工業(株)、本田重工業(株)、(株)三浦造船所、南光汽船(株)、寿工業(株)及び大分県海運組合が支援の中核となり、九州運輸局、佐伯海上保安署、海上自衛隊佐伯分遣隊、佐伯市、衛藤征士郎事務所、民間ボランティア等の協力を得てスタートした。団長は岩本光夫氏(佐伯重工業社長)、発足時の団会員は42名。
結団式は、佐伯市「三余館」において国会議員、学識経験者や多くの関係団体で構成される海事振興連盟(衛藤征士郎会長)が主催する「海の日記念行事・講演会~若者に海への夢を~」のなかの第一部「佐伯海洋少年団結団式ならびに団旗授与式」において挙行された。
日本海洋少年団連盟は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに会員1万人を目指して、昨年末から新団の設立、既設団のてこ入れなどによる海洋少年団の強化・活性化を進めている。佐伯海洋少年団は、その目標のための1番目の新団の設立となった。

ページTOP