本文へ移動
海の広さ、海のすばらしさを体と心で感じ、海から学ぶ。
宮古島海洋少年団が発足しました
2022-03-01
12月22日の臨時理事会の承認を得て、宮古島海洋少年団が日本海洋少年団連盟の正会員として登録されました。
結団式は1月23日に行う予定でしたが、沖縄県で急激にコロナウイルスの感染者が増加したため、やむなく延期とし、4月10日に変更しました。
活動は、月に2回、土日のいずれかに基本訓練(結索、水泳、手旗、礼式)やヨットの基本操艇海上訓練を通常とし、春季、夏季休暇の期間はピクニックやキャンプを行い、ビーチクリーン活動に参加することで宮古島の豊かな自然を体感し、寛容な心と自然を愛する心を育んでいきます。
離島という災害に脆弱な環境に鑑み、救急救命講習や防災避難訓練を自主的に行うとともに、4ヶ月ごとに定期的な訓練を行うことで防災、救命知識を修得します。また国際交流の招請や派遣、全国大会への参加等も計画する予定です。
そして体験学習として、海上保安庁や海上自衛隊の施設見学や巡視船、護衛艦の体験航海、商船の職場体験等で見識を広めていきたいとしています。

団長挨拶
宮古ブルーと言われる海を持つ宮古島に多くの皆様のご尽力のもと、宮古島海洋少年団が設立致しました。立ち上げに関わって頂きました皆様に心から御礼申し上げます。
まずは少数精鋭での立ち上げとなりますが、子供たちに多くの体験を通して海や自然の素晴らしさや様々な知識を学んでもらうと同時に心と身体も大きく成長してもらえるように誠心誠意取り組んでまいります。
地域に根差した団体になるべく徐々に団員も増やしながら一致団結し活動してまいりますので、これからも宮古島海洋少年団へのご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。

TOPへ戻る